ニキビ コーヒー

ニキビとコーヒーの関係は…お肌に与える影響と注意点

あなたは一日にコーヒーを何杯くらい飲んでいますか?
仕事中やリラックスタイムにコーヒーをお供にしている方はとても多く、気がつくと一日に何杯も飲んでしまっていることってありますよね。

 

実はコーヒーを飲むことで、気になるニキビにも影響を与えているのです。コーヒーがニキビにとって良い影響なのか、それとも悪い影響なのか、今回はそんなコーヒーとニキビの関係について掘り下げていきます。

 

お肌に与える影響は?ニキビとコーヒーの関係

 

コーヒーはニキビにとって良い影響を与えるのか、それとも悪い影響なのか…
結論から言うと、ニキビが生じる原因に、直接的にコーヒーが関係していることはありませんが、間接的に肌状態に影響を与えていることが考えられます。

 

またそのコーヒーが与える影響は、良いものと悪いものと両方の側面があるということが言えます。
まずはニキビにコーヒーが与える良い影響から見ていきましょう。

 

コーヒーには、「クロロゲン酸」という成分が含まれており、これは赤ワインにも含まれる「ポリフェノール」と同じ成分です。この成分は、肌の老化を進める活性酸素を除去する働きがあり、老化に負けない美肌をつくる効果が期待できます。

 

次に注目したいのが「カフェイン」です。コーヒーに含まれる「カフェイン」は、基礎代謝を向上させル効果があるため、血液循環を活発にし、ニキビを改善するための栄養素を肌に送り込むことができます。

 

またコーヒーを愛飲している方にとって、ストレスをリフレッシュしたり、リラックスタイムが充実したりと、コーヒーが精神的安定に良い影響を与えています。ニキビへの影響を気にし、コーヒーを控えてストレスになるのであれば、逆にニキビを悪化させてしまいます。

 

では次にコーヒーがニキビに与える悪い影響を見ていきましょう。

 

先ほど良い影響として挙げた「カフェイン」は利尿作用があり、美肌に重要な成分であるビタミンCやビタミンE、ミネラルなど水溶性栄養素を排出してしまう働きがあります。栄養が不足した肌は不安定な状態となり、ニキビや肌荒れを悪化させてしまいます。

 

またこの「カフェイン」には、脳を覚醒させ睡眠を阻害する働きがあります。
「カフェイン」の効果が8時間程度続くため、就寝前にコーヒーを飲んでしまうと、脳が覚醒した状態が続き、スムーズに睡眠へと入ることができません。

 

睡眠中は、肌のダメージを修復するための成長ホルモンが分泌される重要な時間です。
睡眠が阻害されることで、成長ホルモンの分泌が減少し、ニキビの改善が難しくなってしまいます。

 

コーヒーを飲む時に、砂糖やミルクを多量に使用することも要注意です。
作用やミルクなどには含まれる脂質は、皮脂分泌を促して毛穴を詰まらせる原因になりかねません。

 

コーヒー用の加工ミルクは植物性の脂質が主成分となっており、食品添加物やトランス脂肪酸の影響により、排出されないまま体内に残ってしまい、体内に毒素として蓄積してしまいます。これコーヒーはニキビにとって良い影響を与えるのか、それとも悪い影響なのか…
結論から言うと、ニキビが生じる原因に、直接的にコーヒーが関係していることはありませんが、間接的に肌状態に影響を与えていることが考えられます。

 

またそのコーヒーが与える影響は、良いものと悪いものと両方の側面があるということが言えます。
まずはニキビにコーヒーが与える良い影響から見ていきましょう。

 

コーヒーには、「クロロゲン酸」という成分が含まれており、これは赤ワインにも含まれる「ポリフェノール」と同じ成分です。この成分は、肌の老化を進める活性酸素を除去する働きがあり、老化に負けない美肌をつくる効果が期待できます。

 

次に注目したいのが「カフェイン」です。コーヒーに含まれる「カフェイン」は、基礎代謝を向上させル効果があるため、血液循環を活発にし、ニキビを改善するための栄養素を肌に送り込むことができます。

 

またコーヒーを愛飲している方にとって、ストレスをリフレッシュしたり、リラックスタイムが充実したりと、コーヒーが精神的安定に良い影響を与えています。ニキビへの影響を気にし、コーヒーを控えてストレスになるのであれば、逆にニキビを悪化させてしまいます。

 

では次にコーヒーがニキビに与える悪い影響を見ていきましょう。

 

先ほど良い影響として挙げた「カフェイン」は利尿作用があり、美肌に重要な成分であるビタミンCやビタミンE、ミネラルなど水溶性栄養素を排出してしまう働きがあります。栄養が不足した肌は不安定な状態となり、ニキビや肌荒れを悪化させてしまいます。

 

またこの「カフェイン」には、脳を覚醒させ睡眠を阻害する働きがあります。
「カフェイン」の効果が8時間程度続くため、就寝前にコーヒーを飲んでしまうと、脳が覚醒した状態が続き、スムーズに睡眠へと入ることができません。

 

睡眠中は、肌のダメージを修復するための成長ホルモンが分泌される重要な時間です。
睡眠が阻害されることで、成長ホルモンの分泌が減少し、ニキビの改善が難しくなってしまいます。これは肌だけでなく健康自体を阻害する危険性があります。

 

上記のことからも、コーヒーを飲むことがニキビの改善・悪化に直接的に影響していることはありません。間接的ではありますが、コーヒーには良い影響・悪い影響のどちらの側面も考えられるので、どちらの影響も理解して上手に付き合うことが大切です。

 

ニキビが気になる時にコーヒーを飲む注意点

 

コーヒーを愛飲する上で、飲み過ぎには注意しましょう。
1日気付けば3杯以上コーヒーを飲んでいる…という方も多いかとは思いますが、カフェインの影響を考えて1日2杯までを目安に飲みましょう。

 

どうしても飲みたい時は、カフェインレスタイプのコーヒーがオススメです。また加工用ミルクや砂糖は使わずにブラックで飲む方が良いでしょう。ブラックが苦手な方は少量の牛乳や豆乳などで工夫してみましょう。

 

また睡眠を阻害しないためにも、就寝前8時間程度はコーヒーを控えましょう。

 

ニキビ改善のために…コーヒーと上手に付き合おう!

 

ニキビの改善だけでなく、美容や健康のためにもコーヒーの過剰摂取はお勧めできません。
しかし注意点を守って、コーヒーと上手に付き合えば、美肌や精神的な安定に良い影響を与えてくれます。

 

ニキビを改善するためにも、今回ご紹介したポイントや注意点を参考に、コーヒーとの付き合い方を見直してみましょう!