ニキビ サリチル酸

ニキビはサリチル酸で治る?気になる効果とお手入れ法

みなさん、「サリチル酸」という成分をご存知ですか?
あまり聞きなれない成分ですが、最近この「サリチル酸」がもつ美肌効果が、ニキビの改善に期待ができると話題になり、「サリチル酸」が配合された化粧品が増えています。

 

今回はそんな気になる「サリチル酸」のニキビ改善効果について詳しくお話していきます。
ニキビケアに「サリチル酸」を取り入れて、美しい肌を目指すためにも、ぜひ参考にしてみてください!

 

ニキビに効く?サリチル酸の効果

 

ニキビの改善に有効な成分の一つである「サリチル酸」は、ニキビ系スキンケア以外に、病院の治療薬にも配合されている、大変高い効果が期待できる成分です。
ニキビを改善するための「サリチル酸」の効果を詳しく見ていきましょう。

 

サリチル酸は殺菌・抗炎症・防腐作用がある成分で、化粧品や治療薬以外にも消毒薬や防腐剤などにも用いられています。

 

ニキビは皮膚に常在しているアクネ菌が、毛穴に蓄積した皮脂や不要になった角質などの老廃物を栄養分として過剰繁殖することにより、毛穴の中で炎症を起こして生じる肌トラブルです。

 

「サリチル酸」はこのニキビの原因となるアクネ菌を殺菌し、毛穴の中で生じている炎症を鎮静化させていきます。これにより炎症を起こしている赤ニキビやウミの溜まった白ニキビの改善、またニキビの予防にも高い効果が発揮されます。

 

また「サリチル酸」には不要になった角質を除去する働きもあります。
不要な角質が肌表面に蓄積すると、肌にうるおいを留めておくことができず、肌は乾燥やゴワつきを感じるようになり、不安定な状態へと変化していきます。

 

肌に不要な角質が蓄積していくことで、ターンオーバーと言われる肌の生まれ変わりがスムーズに行われにくくなってしまうのです。

 

肌が不安定な状態になり、乾燥が進んでいくと外的ダメージから守るために、皮脂が過剰に分泌されるようになります。通常であれば分泌した皮脂は肌表面の水分や汗と混ざり、肌バリアを形成するようになりますが、不安定な肌はバリア機能を高めることができません。

 

乾燥を防ごうと過剰に分泌した皮脂は、肌バリアを形成することができずに毛穴に蓄積してしまい、毛穴詰まりを起こしてしまいます。バリア機能が低下した肌は、紫外線などの外的ダメージも受けやすくなり、更にニキビが生じる原因になってしまうのです。

 

「サリチル酸」で不要になった角質を除去することができれば、ターンオーバーがスムーズに行われるようになり、肌状態が安定することでバリア機能が高まり、ニキビなどの肌トラブルを回避することができるようになります。

 

このように「サリチル酸」には肌の状態を安定させ、高い抗菌・抗炎症作用でニキビの改善や予防に高い効果が期待できます。

 

ニキビ改善に!サリチル酸でのお手入れ法

 

ニキビを改善する基礎化粧品の成分を見ると、多くの化粧品に「サリチル酸」が配合されています。洗顔・化粧水・乳液・クリームなど、普段のお手入れにプラスしてケアすることで、ニキビの改善・予防に期待ができるでしょう。

 

しかし「サリチル酸」には、ニキビ改善の効果が高い分、肌の刺激になってしまうことがあります。肌の状態によっては「サリチル酸」配合の化粧品でニキビが悪化してしまうことがあるので、肌に合わない場合は使用を控えましょう。

 

またニキビの症状が落ち着いてきたら、「サリチル酸」系化粧品の使用頻度を少しずつ減らし、肌への負担を軽減するようにしましょう。

 

サリチル酸でニキビのない美肌に!

 

「サリチル酸」はあなたのお肌状態に合えば、ニキビの改善に高い効果が期待できる成分です。敏感肌や極度の乾燥肌の場合、「サリチル酸」の刺激が強く出てしまうこともあるので、肌の状態を確認しながら、お手入れに取り入れてみましょう。

 

ニキビの改善に「サリチル酸」は重要なポイントになる成分です。
ニキビのない美肌を目指してお手入れを見直してみましょう!