ニキビ 潰す

ニキビを潰すとどうなるの?間違ったケアがお肌に与える影響とは…

お顔にニキビができると、どうしても気になってしまいついつい潰してしまうことがあります。中には潰した方が早くニキビが治ると思っている方もおり、ニキビができると潰すのが習慣になっている方も少なくありません。

 

しかしニキビを潰すのは思っている以上に肌にダメージを与え、深刻なお肌のお悩みへと悪化してしまうことも考えられます。
そこで今回はニキビを潰すとお肌にはどんな影響があるのか、詳しくご説明していきます。

 

あなたの日頃のニキビケアと重ねながら、正しいお手入れについて考えてみましょう。

 

ニキビを潰すとどうなる?お肌への影響は…

 

ニキビを潰すのは肌にとって悪いのか…この答えは「Yes」と「No」のどちらの側面も考えられます。
実際、ニキビを病院で治療する場合、ニキビを潰し膿を出す方法がとられることがあります。

 

病院でニキビを潰す治療を「面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)」と言います。
ニキビとは毛穴の中でニキビの原因となるアクネ菌が増殖し、炎症を起こすことで生じる肌トラブルです。炎症が酷くなる前の段階でニキビの膿を出し炎症を抑えるのが目的です。

 

病院によって施術方法は違いますが、ニキビが生じている箇所をしっかり消毒し、針かレーザーにより、表面に穴を開けます。そしてコメドプッシャーと言われる専用の器具を使用して、ニキビ内の膿や皮脂などを押し出します。

 

この「面皰圧出」でニキビは早期改善し、繰り返しにくくなります。
ではなぜ、病院で治療の一環としてニキビを潰すと改善が早くなるのに、自分で潰すとニキビが悪化してしまうのか、その違いについて見ていきましょう。

 

まず、病院治療ではニキビの表面に針かレーザーでかなり小さな穴を開けるのに対し、自分でニキビを指や爪で潰す時には、大きな穴が生じることとなり、そこから雑菌が侵入したり、皮膚に大きな損傷を与えたりしてしまうのです。

 

病院治療とは違い、ニキビを潰す前の皮膚や指の消毒や潰し終わった後の傷口の処置などが正しく行われず、さらにニキビを悪化させる原因になってしまうのです。
また大きく開いた傷口はニキビ跡として肌に傷を残す要因となってしまいます。

 

また病院でニキビを潰す場合は、炎症を起こす前の白ニキビや毛穴に詰まった皮脂が酸化して生じる黒ニキビなど、潰すことで改善が見られるニキビのみ面皰圧出を行うため、自分でニキビの状態を見極めて潰すのはかなり難しく、悪化のリスクが考えられます。

 

上記のことからも、病院でニキビを潰すことと、自分で潰すことでは改善の効果が全く違い、自分でニキビを潰すことで雑菌の繁殖・皮膚へのダメージは避けることができずに、ニキビの悪化やニキビ跡のリスクが高まってしまうのです。

 

その他にも自分でニキビを潰す時に、指や爪を使ってニキビの芯まで押し出そうと、皮膚にかなりの力をかけてしまうことがあります。しかしその行為は毛穴の中の皮下組織や細胞を傷付けながら、雑菌の死がいや膿などを広げる原因となってしまいます。

 

自分でニキビを潰すことは、かなりのリスクが考えられ、ひどい時にはニキビ跡だけでなく、皮膚が落ちくぼみクレーター状の凹凸肌になってしまうことも…
ニキビを潰す場合は、自分で潰さずに病院で適切に処置してもらうようにしましょう。

 

ニキビを潰すのはNG!正しいお手入れ法

 

ニキビを自分でケアする場合には、潰さずに適切なお手入れをすることが重要です。
ニキビを悪化させないためには、肌をキレイな状態に保っておくことが大切です。
正しいクレンジングと洗顔で、肌や毛穴に汚れを溜めないようにしましょう。

 

毎日のメイクがしっかり落としきれていない場合は、毛穴詰まりや肌の汚れとなってニキビを生じる原因になります。しっかりクレンジングでメイクを落とし、しっかり泡立てた洗顔で、優しく洗い上げましょう。

 

洗顔後は、肌にうるおいを与える保湿のお手入れを心がけ、肌環境を整えましょう。
また睡眠不足や栄養バランスが偏った食事もニキビの原因になります。
ニキビを根本から改善するためには、生活習慣の乱れを見直すことも重要です。

 

もしニキビを潰してしまった場合は、膿を出し切らずにティッシュで優しく拭いて水で洗い流しましょう。指や爪で触ると更に雑菌が侵入しやすくなるので、なるべく触らずにニキビ薬などを塗ってケアしておきましょう。

 

潰しちゃダメ!ニキビは正しくケアして!

 

ニキビは雑菌の繁殖により毛穴の炎症です。
肌を清潔に保つことができれば、潰さなくてもキレイに改善していきます。今回ご紹介したニキビを潰すことのリスクをしっかり理解し、正しいケアでニキビを改善しましょう!