ニキビ 鉄分

ニキビの原因は鉄分不足!?肌荒れを防ぐ美肌と鉄分の関係

ニキビができる原因は様々ありますが、その中の一つに鉄分不足が考えられます。
特に女性は、月経や生活習慣によって、鉄分が不足しやすいと言われています。なかなか改善しない慢性的なニキビは、鉄分を補うことで一掃できるかもしれません。

 

そこで今回はニキビと鉄分の関係について詳しくご説明していきます。
あなたのお悩みの原因はどこにあるのか、一緒に考えてみましょう。

 

ニキビの原因は鉄分不足かも!

 

ニキビが生じる原因が様々ありますが、お手入れをしっかりしてもなかなか改善しないニキビの原因は、鉄分不足が関係している可能性が考えられます。ニキビと鉄分不足、関係がないように見えて実はお肌の生まれ変わりに大きな影響を与えているのです。

 

お肌はターンオーバーと言われる肌の新陳代謝によって、健康な細胞が生まれ肌のバリア機能を強化しながら、役目を終えると古い角質となって剥がれ落ちていくというサイクルを繰り返しています。

 

20代頃のターンオーバーは約28日間を1周期とし、肌がターンオーバーを行うことで美しい健康的な肌を維持していきます。しかしこのターンオーバーの周期が乱れてしまうと、古い角質が肌表面に蓄積し、様々な皮膚トラブルを生じる原因になっていきます。

 

ニキビもその皮膚トラブルの1つで、ターンオーバーが正常に行われず、古くなった角質が肌に蓄積し皮脂や汚れなどと結びつくことで、毛穴詰まりや角栓の元となってしまいます。

 

毛穴にはアクネ菌と言われる肌の常在菌が生息しており、この角質や皮脂を栄養分として毛穴の中で繁殖を繰り返していきます。不安定な肌状態の中でこのアクネ菌が繁殖し毛穴で炎症が生じることでニキビができる原因となってしまうのです。

 

そしてこのターンオーバーの乱れの要因の一つとして挙げられるのが鉄分不足です。

 

鉄分は血液中のヘモグロビンの主成分で、全身に酸素や栄養を運ぶという重要な働きをしています。鉄分が不足すると、このヘモグロビン自体も減少し、全身に十分な酸素や栄養が行き渡らなくなってしまいます。

 

必要な酸素が運ばれずに酸欠状態となり栄養不足に陥った肌は、新しい細胞をつくることが難しくなるため、ターンオーバーの乱れが生じるようになるのです。このように鉄分不足するとターンオーバーが乱れ、ニキビができやすい不安定な肌状態になってしまうのです。

 

またターンオーバーが乱れることで、ニキビ以外にもくすみ・シミ・そばかす・乾燥・たるみ・シワなど様々な影響がお肌に現れることになります。ニキビの改善、そして美肌のためにも鉄分不足は早期に対処しておきたい問題と言えるでしょう。

 

ニキビの改善に!効果的に鉄分を摂取する方法

 

特に女性は月経による出血で、貧血を起こしやすいと言われています。また過度な食事制限やダイエットなども鉄分を不足させる原因になっています。体内の不足した鉄分を補うためには、食事により取り入れることがオススメです。

 

ほうれん草やレバーなど、鉄分が豊富に含まれている食材は多々ありますが、効率的に鉄分を摂取するためには、鉄分の中でも「ヘム鉄」が豊富な食材を選ぶことが重要です。

 

「ヘム鉄」とはその他の「非ヘム鉄」に比べると、約5倍も吸収率が高く、効率よく鉄分を摂取することができます。その為、20代女性が一日に推奨される鉄分の摂取量が約10.5㎎程度ですが、ヘム鉄であれば2~3㎎程度で補えるということです。

 

「ヘム鉄」が豊富に含まれる食材:レバー(豚・鶏)・鴨肉・馬肉・しじみ・あさり・牛赤み肉・カツオ・牡蠣・煮干し

 

上記のような食材をバランスよく食事に取り入れて、効率よく鉄分を摂取するようにしましょう。
また足りない鉄分を、ヘム鉄のサプリメントで補うのもオススメです。

 

鉄分をしっかり補ってニキビのない美肌を目指そう!

 

ニキビの改善や美肌のため、鉄分はとても重要な成分と言えます。
鉄分をしっかり補い、栄養バランスの良い食事を心がけることで、肌や身体はどんどん改善されていきます。

 

なかなか治らないニキビは、スキンケアやお手入れだけでなく、そういった食生活の見直しも重要なポイントになるので、ぜひ参考にしてニキビのない美肌を目指しましょう!